5年前と今

2012の夏休みに、私は高校生たちの24人グループと一緒に「絆プログラム」で日本に来た。その時の前にも、ずっと日本に興味を持っていたので、「日本に行くことができる」と聞いた時私は信じられないようだった。行く前は本当に楽しみだったが、実際に日本に来た時は以外と違った。私は自信を持たないで、日本語を使わなくなってしまった。いつも高校生たちと先生たちと一緒にいたので、自分の体験や日本語の会話があまりできなかった。その時の後で、自分の「できなかったこと」を反省し、大学生になったら日本で留学することにした。 今までの留学経験を通して、「行ったことある」という場所に時々行った。つまり、高校生の時に行った所に、今回もう一回訪ねた。こういう所は、お台場や江戸東京博物館や祇園だった。しかし、2012に行った経験は今回行った経験と全然違う。高校生の時を思い出すと、いつも緊張していた感じだ。高校の頃の私は「日本語の会話なんてできない」と思ったりしたので、誰にも話さないで、そのままでいた。その感じのせいで、どこへも行っても、高校生の私は「できない」と思い込んでいて、いつも不安だった。なので、今回お台場や江戸東京博物館や祇園に行くと、その不安を思い出されて仕方がない。 ただし、今の私は高校生の私と違うと思う。日本語の能力だけではなくて、私は人間として少し成長した気がする。こういう感じは、「行ったことある」という場所にいる時にすごく感じる。その場所に立つと、今の私と5年前の私をはっきり比べることができると思う。そいうことは大切だと思うので、こんな機会があって本当に良かった。 私の高校グループがお台場に行った時

諏訪クワガタ昆虫館

博物館学の授業のために、5館に見学に行かないとならないことになっていた。最初の4館、私はもともと有名な博物館を選んだ。なぜならば、サンシャイン水族館とか、江戸東京博物館とか、吉祥寺美術館とか、目黒寄生虫館も結構行きやすく、外国人のお客さんに対するサービスもある気がする。なので、その4館をすぐ考えてすぐ行った。しかし、その後で他の1館に行く必要があると気付き、少しパニックしてしまった。締め切り日はどんどん近くなり、私は他の授業の宿題とか期末試験の準備とかをしながら、「博物館を見つけて、実際に行く」ということをするのは大変になった。「どうすればいいのかな」と考え込んでいた時、シバさんは突然に「私のインターンシップまで一緒に行かない?」と言った。私は少しびっくりしたが、私の状況、つまり博物館学授業の義務や自分の心配のことを説明した。驚いたことに、シバさんは「インターンシップの近く博物館があるよ」と答えた。 その博物館は諏訪クワガタ昆虫館だった。シバさんと一緒に井の頭公園まで行ったが、後で私は一人でその博物館を見つけに行った。シバさんのインターンシップの隣のビルのはずだったのに、サインとかが全然なかったので、少し探すしかなかった。見つけた時、入ったら私はたった一人のお客さんと気付いた。その上、この館はたった一室も気付いた。中はすごく静かで、館員さんが私のことをじろじろ見ている感じもした。10分ぐらいそのままだったが、ついに館員さんが立ち、私に近寄り、会話を始めた。館員さんと話すのは本当に面白かった。虫だけでなくて、日本とアメリカの文化や私の留学経験についても話したりした。30分ぐらい話した後で、館員さんが急に私に小さい木をあげたんだ。本当に感謝を感じ、その木をまだ育っている。

ICUのバレーボールサークル

一年間前ぐらい、バレーボールがすごく好きになった。実は、大学に入る前にスポーツがあまり好きではなかったが、水泳だけ好きだった。しかし、大学に入ってから、友達はみんなスポーツをやっているみたいだったので、私もスポーツをやりたいようになった。それから、ウェルズリー大学の水球クラブに入った。その時、スポーツを実際にやって初めてその面白さが分かった。結局に水球は難しすぎて、一年間後私はやめることにした。ただ、二年生の時、授業としてバレーボールをやり始め、大好きだった。バレーボールはこんなに楽しいなんて思わなかったが、その後で毎日バレーボールをやりたくなった。 したがって、ICUにもバレーボールをやりたいと思った。ICUのバレーボールサークルはまだ小さいし、練習は一周間に一回しかないし、満足していなかったが、日本でバレーボールができる機会があって良かったと思っていた。その上、春学期の部活動を通して、色々な「やったことない」ということが体験できるようになったので、それも良かったと思う。 最初「やったことない」という経験は、サークルのチームと一緒にバレーボール大会に出ることだった。本物のバレーボール試合に出たことなかったので、楽しみでもあり不安でもあった。実際に出た時、自分のミスは多かったが、それはしょうがないんだ。その上、練習はは一周間に一回しかないので、みんなはチームとして協力するのは慣れていなかった。結局に、私達は負けたが、その経験から色々なものが得た気がする。 大会の他に、私は練習試合にも出た。大会の時と違って、練習試合に出た時私はもう少し平然で、体育館の雰囲気も違った。この練習試合で、自分のミスは大会より少なかったし、チームメートとの関係はさらに良かったし、大会より楽しかったし、うまくいった。その上、来学期からサークルの練習は一周間に3回になるそうだし、このサークルのためにもう少しICUにいる時間があったら嬉しいと思っている。

江ノ島と鎌倉

6月22日に江ノ島と鎌倉に行ってみた。実は、前の週に行ったが、その日はずっと雨が降っていたので、泳ぐことや景色を楽しむこともできなかった。なので、私はもう一回行くことにした。初めて行った時、私は寺さんとマルゴロさんと他の三人たちと一緒に行ったが、この時私はシバさんとルイズさんと一緒に行った。 まず、江ノ島に行った。私が好きな江ノ島の塩アイスを食べながら、江ノ島神社と神社の周りの所に歩き回った。色々な珍しい景色が見えるようになった。例えば、海の上の崖や崖に埋め込んでいる岩屋や海の中の平たい岩で釣っている男の人などを見たりした。江ノ島から出ろうとした時、道でパフォーマンスをしている男の人も見た。この人はカラーコーンを使い、ジャグリングやダンスをし、参加者と話しもした。本当に面白い性格を持っている人だと思ったので、私達は多分30分ぐらいそのパフォーマンスを見ていた。 鎌倉に着いたら、一番したかったことはビーチで泳ぐことだった。私はフロリダ出身なので、生まれてからいつも海と近く住んでいた。子供の頃から、いつでも海に行けたので、ずっと海とつながっている感じだ。だから、日本にも海に行ってみたいと思った。ルイズさんはカリフォルニア出身なので、私と同じような感じするそうだ。私とルイズさんと違って、シバさんは泳ぐことができないが、ビーチはきれいだから行ってみたかったそうだ。しかし、海に行った日は少し涼しかったし、鎌倉のビーチに着いた時はもう5時ぐらいだったし、最初に私は泳ぎたくなかったが、ルイズさんが泳ぎ始めてから、私も泳ぎたくなった。結局に、海で泳げる機会があって良かった。

京都駅のスカイガーデン

京都と大阪に旅行した時、シバさんとルイズさんと一緒に行ったが、ルイズさんは授業のために早めにICUに戻らないといけなかった。なので、ルイズさんは日曜日の夜に戻ったが、私とシバさんは残っていた。しかし、ルイズさんは帰るまで予定しかできなかったので、ルイズさんが空港まで出た時、私とシバさんはどうするか分からなかった。もう夜だったし、行きたいところはもう閉まっていたし、パソコンもなかったし、何が楽しいか全く分からなかった。 京都で回転寿司で晩ご飯を食べに行った後で、仕方がないが、airbnbまで戻り、早めに寝るつもりだった。しかし、途中で京都駅を通った時、急に「京都駅に庭がある」と思い出した。インターネットで、京都駅の屋根に「スカイガーデン」という庭があり、有名で非常に美しいという情報を見たが、その時まで覚えていなかった。思い出した時、私達はスカイガーデンを見つけることにした。 驚いたことに、スカイガーデンが世界で知られているのに、本当に見つけにくいと気付いた。スカイガーデンは15階にあると知っていたが、私達はエレベーターに乗ろうとしたとき、3階しか行けなかった。駅の中のホテルに入ったら、15階まで行けるが、ホテルはスカイガーデンにつながっていないので、ホテルから行けない。エレベーターは無理と気付いてから、私達はもう一回インターネットで調べた。インターネットにようと、「大階段」という階段に上ったら、スカイガーデンに着く。ただ、大階段もすごく見つけにくくなってしまった。駅で働いている警察官にも聞いたが、「大階段って聞いたことない」と言われた。私達は本当に困っていた。2時間もかかったが、ついにスカイガーデンまでのエスカレーターを見つけた。しかし、その時はもう午後12時ぐらいだったので、エスカレーターはもう閉まっていた。その時、私達は、「明日リベンジをする」と決めた。次の日に、京都駅から空港まで行く前に、ついにスカイガーデンに行ってみた。思った通り美しかった。                  

外で描いた絵

みんなはもう知っていると思うが、私は絵を描くのが好きだ。初めて日本に来た時、つまり私は高校二年生の時、日本の田舎でホームステイをして、初めて日本の自然の美しさが分かった。しかし、そのホームステイは短すぎ、高校に関する活動の義務もあり、暇の時間があまりなかった。なので、その場所の山の景色とかを描いてみたかったが、できなかった。したがって、今回日本に来た時、周りの地域をできるだけ描くようにすることにした。 最初の「今は暇だから、外で描くことができる!」と気付いた時はゴールデンウィークの火曜日だった。日暮れの少し前だったが、早くスケッチブックや鉛筆や水彩絵具を持ち、描きたい場所を自転車で探しに行った。結局に、SCHの後ろにあるプールの近く場所を描くことにした。そのプールはもう使われていないので、周りのところも同じ感じだった。そのような場所のいい点は二つだと思うが、一つは「絵を描くとき、誰にも邪魔されない」という点で、二つは「使われていない場所には特別な雰囲気があって、興味深い」という点だ。なので、そこで絵を描くのはとてもスムーズだった。 次の外で絵を描くことにした時は、6月の何時かだった。この時、武蔵境駅まで行くときに自転車でよく通る道を描きたいと思った。どこに座っていいか分からなかったが、邪魔にしないように、小さい駐車場に座った。1時間ぐらいかかったと思うが、描く間に、その場所に住んでいる人が私に「絵を描いているの?」と言った。短い会話があったが、その人は、私がその人の近所を描いてあげて嬉しかったそうだ。その会話ができて、私も嬉しかった。 最後に外で絵を描いた時は、他の二つと違って、大阪で電車に乗った時に座っている人たちを描いた。こういうことは、何年前からしたいと思っていたんだ。乗っていた電車はあまり込んでいなかったし、座っている人たちはほとんど寝ていたし、「できる!」と思った。30分間ぐらいうまくいったが、都市に近くなったら、電車はどんどん込んできた。すぐ人が多すぎ、もう描けないようになってしまった。それでも、初めての30分は良かったと思う。その上、高校生の時の希望通り絵が描けて良かった。今後、もっと外で絵を描くように頑張る。      

高校の日本語の先生に会った時

6月19日に、高校の日本語の先生に会う機会があった。私の高校はウェスタンという公立学校で、南フロリダの小さい町の中にあり、本当にたいしたことなかった。なので、このような普通高校で日本語の授業があるということは、珍しいことに違いない。ウェスタン高校で、一年生の時から卒業した時まで、ずっと日本語を勉強していたんだ。勉強し始めた時は、日本語と日本の文化の面白さだけでなく、フィッシャー先生の面白さも分かるようになった。 高校生の頃、「学校に全然興味ない」や「成績はどうでもいい」と思っている学生は多かった。それはしょうがないと思うけど、日本語の授業でその学生たちは特に多かったと気付いた。なので、授業中に「勉強したくない」という雰囲気が多すぎ、フィッシャー先生が厳しくても学生たちは聞かない。これを知りつつ、フィッシャー先生は厳しくする代わりに、授業を面白くした。例えば、フィッシャー先生は授業で日本の生活の面白い話を教えたり、学生たちのうわさについて話したり、自分のうわさも作ったりした。この四年間を通して、フィッシャー先生は本当に面白い人と思った。 高校から卒業した時から、フィッシャー先生との連絡がなかった。しかし、日本に来てから、先生に連絡しようと思って、メールで「日本で留学している」と伝えた。先生は毎年の夏休みに家族と一緒日本に旅行することにしているそうなので、先生に会える機会が出てきた。私は今高校生の時をあまり覚えていないが、先週フィッシャー先生に会った時、先生と話したら高校生の時が思い出されてならなかった。その上、晩ご飯を食べながら、先生は相変わらずうわさについて話したりした。会った時は二時間しかなかったが、留学生中でフィッシャー先生に会えて、本当に良かった。

東京ドームシティ

今年のゴールデンウィークを通して、三人友達と一緒に千代田区に泊まっていて、そこから東京のまだ見えなかった所に見に行った。5月3日に着いてから、水道橋駅からすぐ東京ドームシティが見えるようになって、私たちは気に入って行ってみようと決めた。外から見ると、でかいジェットコースターや面白い形をしてる建物やショッピングモールのようなところなどが見えて、すごく楽しそうと思った。その後で、どうやら毎日東京ドームシティに行くようになった。 5月3日少し遅く着いたので、東京ドームシティの中で少年ジャンプの店しか行けなかった。私たちは買い物ができた後、泊まっているアパートに帰ってすぐ寝てしまった。次の日に起きた後で、もちろん一番やりたかったのは東京ドームシティに行くのだ。少年ジャンプの店でついに買い物ができて、何時間もそのままでいた。みんなで楽しかったので、戻りたくなって仕方がなかった。5月5日は、同じように戻って、少年ジャンプの店とアーケードにも遊びに行った。その日の夜、ICUに帰らなくてはいけなかった。 5月6日は、やはり東京ドームシティにもう少しいたかったので、ICUからもう一回行って、東京ドームシティの中のラクーアという温泉で泊まる予定ができた。次の日は、私一人は一か月前に買っておいた「演劇ハイキュー」のきっぷを持っていたので、自分で見に行った。便利なことに、その演劇のシアターも東京ドームシティの中にあった。その日はゴールデンウィークの最後の日だったが、その五日は本当にいい思い出になったので、いつも思い出されてならない。