僕の友達はおそらくもう分かっていることですが、僕はケチな人間です。僕の両親もそうだから、遺伝子によって伝えられたのだろう。「僕はケチだ」とは、どれほど買いたくても全然高い服や要らないお菓子を買わないということです。というわけで、中古の店が大好きです。かっこいい服も面白い本も何でも安く買えるので、天国のようなものです。

それで、東京は天国の国かもしれません。なぜなら、中古の店が非常に多いからです。日本に来てからもう様々な所で中古品を買ったりしました。三鷹市美術ギャラリーの近くにも吉祥寺の商店街にも古着屋や古本屋があるということに気づいた僕はそこで二枚のTシャツと四冊の本を買ってしまいました。やはり、僕は売り出しに目がありません。

それに、他の店も確かにいいけど、多様な本から選べるので、僕が一番好きなチェーン店はBOOK-OFFです。巨大なデパートのような店だが、本やホビーグッズだけを売っているので、僕にとって女性の服や生活用品などを売るばかりで本の数が少ないデパートより便利な場所です。探しに来た本も店内で見つける本もあるので、毎回行くと必ず冒険になります。

最近、日本語のフィクションに慣れるために、中学生向けの小説を買うことにしていますが、BOOK-OFFに行って、漫画も買ってしまいました。さらに悪いのは、小説を無視して漫画ばかりを読んでいます。どちらもいい練習だが、ちょっとダメな方向に行っている感じがします。これから、漫画だけでなく小説も読んでみるつもりです。本当です。